ARTICLE

ナイトロパワー カバーCOMP.フロントシリンダーヘツドNSX ウォーヘッド 4本セット ホイール ソアラ【17×7J 5-114 INSET40】40系 DBA-Z22A NITRO POWER WARHEAD MiD アルミホイール 4枚 1台分【店頭受取対応商品】

地域の未来が先細っていっている事は多くのメディアが取り上げているので広く知られている事実ですが、それは地域の持つ付加価値が有効化、あるいは最大化されていないことや、都市部と地域の機能の定義にも原因があると考えます。

地域が先細っていっているのは、とくに若い世代の流出、産業の停滞・不在等様々ですが、そうした地域に対して「再生」とゴールのみ声高に唱えても無理があるのではないでしょうか。

考えを始めるにあたって、まず、都市部のメリットというものは、大雑把に言ってしまえば「お金」です。
「そこに人が集まる→仕事が発生する→生活に必要なお金が得やすい」が主たるものだと思いますが、デメリットとしては「人が過密である→土地や物などの価値が上がる→生存コストが高くつく」等。

労働・ビジネスの主戦場は都市部である、とガチガチに定義してしまえば、その周縁部の地域は寝に帰るだけの、あるいは休日に大型ショッピング・モールで買い物するだけのベッドタウンという定義になり、さらに遠方の地域に関しては、もう温泉や観光ぐらいしか主張出来ない、という風に、「都市部のあり方・定義が基準」になるところがある。

その「都市部の定義」を変えることが「地域再生への取り組み」の最初の一歩ではないか、と考えます。

次世代移動通信5G到来を控えて、空間的意味・役割の再定義の必要性

近い将来実現されると思われる次世代移動通信5Gによっては、空間的制限は飛躍的に、その制限を取っ払えるシーンが増えてゆくでしょう。

そこには無論、労働・ビジネスの「現場の光景の変化」も想像出来ます。
物理的に直接人の「生の手」によってのみ実現可能なものはまだ難しいと思われますが、IT系のビジネスにおいては現実空間の制限はかなり緩められるはずです。

オフィスで日がな一日パソコンに向かうような仕事にあっては、台風の日に傘を骨だけにし、水に弱いデバイスを防水保護してまで出社する意味がどこにあるのか説明に窮するほど、効率的な利用が可能となるはずです。

しかし、頭の中の「定義」を変えられないと、テクノロジーによるパフォーマンスも手足を縛られて「宝の持ち腐れ」になる。
時の流れにおいては辞書ですら刷新が必要なのですから、頭の中の「定義」はもっと柔軟に変えていかなければ、ちんたらやっていたら勢いのある国や地域の柔軟で大胆な発想力を前に ★色番号塗装発送BMW 3 Series F30/F31/F34 フロントリップ【3D デザイン】BMW 3シリーズ F30/31 M-SPORT フロントリップスポイラー ウレタン製、加速度的にぐんぐん差がついてしまうことでしょう。

巨きな流れ・変化の中で再定義する、改めるということが出来れば、先述のようなオフィスワークは空間の制限を受けないリモートワーク化で空間的事情で埋もれてしまっている人材を発掘出来、企業は空間的集合性にかかる交通費や賃料、販管費等のコストを軽減出来、満員電車も緩和 カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 ENASAVE サマータイヤ 155/65R14 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー ZM ホイールセット 4本 14インチ 14 X 4.5 +45 4穴 100、場所を問わず稼働出来るとなれば、現在過疎化している地域のメリットである家賃や物価の安さ、都市部にはない自然を含むゆとりある環境といった価値が浮上、ライフスタイル観が適合する人は流入し、人工魚礁の如く、人が増えればコンテンツの発生確率も上がり、そのエリアの経済も活性化に向かう可能性が出てくる。

実際、5Gを待たずとも現状でそうしたアプローチは可能ですが、現実に実行する人の意識、定義が旧いままだと、この先どれほどテクノロジーが進化しようとどうにもなりません。

地域再生には、都市部の定義、労働観の変化も必要。
地域と都市はコインの裏表、関係がある

弱る地域が旧来の方法の拡幅工事だけで再生するとは思えません。
人のやりとりがお金の流れとなり、お金の流れが国の血液となっていくわけですが、今や直接人から人へ現金が手渡しに動く経済でもない。
現代のキャッシュフローがよりシンプルに数字になっているなら、数字が回れば良いはずです。

地域が元気になるためには労働スタイルの変容 エスペリア ダウンサス (車種):スペーシア(型式):MK42S(適用):2WD NA S-エネチャージ車 G / X  DOWNSUS(エンジン型式):R06A(年式):H27/5~、つまり労働・ビジネスにおける、

、今となっては実利に資さない、時代遅れで足を引っ張っている観念や因習を改め、戦後復興・経済成長時代に役立った「労働者テンプレート」はもういい加減新しいものに変えるべきだと考えます。
杓子定規な労働者像では、もう人手も実務も回っていかない。

思い描く夢も幸せも、個々人がまったくもって別の世界観を持っている現在。昨今声高に言われる「ダイバーシティ(多様性、相違点)」なんて、人間の基本中の基本、原点中の原点。
むしろ理想の生活光景や理想の異性までもが誘導されていたバブリーな時代の方が不自然だと思うのです。

世の中には、必要生活コストが年1億円の人も居れば、200万円で充分な人も居る。
家庭を良しとする人 、単身を良しとする人、無休で働く事に喜びを感じる人、週3日以上働きたくない人、持病のある人 エンドレス ブレーキパッド SSS フロント ニッサン セフィーロ A33系 2000cc 2001年03月~2002年12月、ない人etc. 

労働者人口のパイが減る一方の状況で統一されたイメージを頑なに求めるなど無理がある。
しかも一世代以上前のイメージで。
それでは一部のレトロマニアな人しか来てくれない。

もういろいろ限界、待ったなしの状況の日本。
都市も地域もそれぞれの悩みがあり疲弊している今、物事の本質を見るしかない。シンプルになるしかない。
それは「ぶっちゃけていくこと」でもあるかもしれない。
「前例がないけど、それだと上手く回るよね。よし。そのアイデアでいこうか!」
というように。臨機応変に。

再定義。それはルールを変えること。
日に3個のドーナツを日課としていた人が、医者から
「糖尿病ですね。それ(日課)やめないと死にますよ?」
と言われたら、やめますよね。
新たに「毎日1万歩歩くルール」を作って対応したりする。

要はそういう意識の変化を人や企業が実践していけるかどうか。しかもスピード感をもって。
でなければ少なくとも、今までどおりのやり方では回らなくなってきているのだから、変われなければアウトです。

じつはそんな意識の変化こそ、地域の没落や少子化に関係していると考えています。
少子化に関してはもう確定事項と言ってよい状況ですが、それとて意識の変化が状況対応への第一歩となるはずです。
地震は来るもの、避けられないから耐震補強するように、「変えられないことに対しては自分が変わる」という方法しかないのですから、やはり「意識」でしょう。

稼働する環境=現場。現場にアクセス出来る環境が生活の拠点を選ぶ上での必須条件でもあるわけですが、地域の過疎化はそこに「現場がない」ことも原因の一つでしょう。
であれば、空間的な制約・制限に縛られない職業は「特定の現場をもたない」わけですから、その特性を活かせる職業者から地方へ流れるのが自然だと思いますが、企業がそうした特性をまるで重視していないということ、あるいは「出社しないなんてずるい、楽をしている」という「旧来然とした労働スタイルの礼賛」といった観念も都市部一極集中の追い風となっているでしょう。

そもそも、ネット、クラウドといったテクノロジーは、特定の機能を特定の空間に縛らせないためのものですが、オフィスと自宅、双方にまったく同じ環境があったとしても、「出社」してオフィスの環境を用いる、というのは、リモートワークでいくつもの案件を何ら問題なく納品してきた経験がある私にとっては、いつまで経っても釈然としない不思議なものです。

時間効率が良い、コストが削減出来る等、経営観点から見てもメリットがあると思いますが、固定観念からそれを採択しない、出来ないのであれば、もはや営利目的という企業の第一義はうやむや、営利より型にこだわるメンバーシップ制で、世界に遍在する競合と伍する事など出来るものだろうかと疑問を覚えます。

いずれにせよ、地域の没落になんとか抗うとすれば、温泉や舟盛りだけを目玉に戦うのは長続きしませんし、そもそも観光資源がある地域などごく一部です。
「地域に現場がある。あるいは地域を現場と設定出来る人」にその空間的自由度に応じた稼働スタイルを提供する。許容する。

駆け足でそういうことを実行していかないと、寂れつつある地域にある日突然人が住み始め経済が上向くなんてこと、ないでしょう。
キックオフしても数年の過渡期があるはずです。

海外観光客の爆買いをあてにしてインフラの中国語対応を急ぐのも良いですが、それこそもっと持続可能な地域のエネルギー源の創生に力を入れた方が良い気がします。

先述の「5G」や様々なテクノロジー、使えそうなツールは今の時代いくらでもあるのです。もうこれからは カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ミシュラン Pilot Sport Cup2 サマータイヤ 225/45R17 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-77R ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7.5 +48 5穴 100、
「本社?うちの本社はネット空間にあるよ」
というのもありだと思います。

テクノロジーは都市に居ようが地域に居ようが、変わらないパフォーマンスが出来る方向にどんどん進化している。
空間的制限をどんどん薄っぺらくする方向に進んでいる。
それを活用しない発想は、もはや「逆行」と言えるほどの反時代的リスクだと、

ナイトロパワー ウォーヘッド 4本セット ホイール ソアラ【17×7J 5-114 INSET40】40系 NITRO POWER WARHEAD MiD アルミホイール 4枚 1台分【店頭受取対応商品】

、私は感じています。

INDEX

POWER ナイトロパワー ナイトロパワー WARHEAD ソアラ【17×7J アルミホイール 4枚 INSET40】40系 ウォーヘッド 1台分【店頭受取対応商品】 NITRO 5-114 4本セット ホイール INSET40】40系 MiD