HONDA ホンダ INSIGHT インサイト ホンダ純正 カーゴマット (ロング/防水タイプ) (全タイプ対応) 2011.02~次モデル


 >  > HONDA ホンダ INSIGHT インサイト ホンダ純正 カーゴマット (ロング/防水タイプ) (全タイプ対応) 2011.02~次モデル

HONDA ホンダ INSIGHT インサイト ホンダ純正 【プロジェクトミュー】TYPE カーゴマット (ロング/防水タイプ) (全タイプ対応) KENDA 2011.02~次モデル

[闘う言葉] 2017/03/27

闘う言葉

ホンダ ホンダ純正 (ロング/防水タイプ) ホンダ純正 (全タイプ対応) INSIGHT カーゴマット (全タイプ対応) 2011.02~次モデル インサイト HONDA

 

【記者会見】

九州ダービーのアウェイということで厳しい試合になるだろうと覚悟して臨んだ。選手たちが最後まで粘り強く我慢強く自分たちの戦いをやってくれたと思う。たくさんのファンやサポーターの方々にお越しいただいたなかで、勝ち点3をプレゼントできて本当に良かった。

ゲームのほうは、おそらく熊本さんは前からわれわれに対してアグレッシブにプレスをかけてくるだろうと予想していたが、その予想どおりの展開になた 【送料無料!!】Smart スマートLEDコンバージョンフォグバルブLEDCB06HB4 2700K。そのなかで危ない場面もあり、失点する可能性もあったが、選手たちは自分たちの戦いにこだわってプレーしてくれた HONDA ホンダ 純正 NBOX+ N-BOX+ plus エヌボックスプラス シフトノブ 本革×ピアノブラックコンビ 2014.4~次モデル。

HONDA ホンダ INSIGHT インサイト ホンダ純正 カーゴマット (ロング/防水タイプ) (全タイプ対応) 2011.02~次モデル
【SSR】 EXECUTOR EX01 (エグゼキューター EX01) 19インチ 10.0J PCD:120 穴数:5 inset:12 フラットチタン [ホイール1本単位] [H]!18インチ サマータイヤ セット【適応車種:クラウンアスリート(200系 3.5L)】WEDS レオニス MX BMCミラーカット 8.0Jx18VEURO VE303 225/45R18.カロ/KARO フロアマット SISAL 品番:1250 カラー:ブルー/ブラック他 ニッサン レパードJフェリー Y32 FR フットレスト:有 1992年06月~1996年03月,プロジェクトμ TYPE HC+ アルト・アルト ワークス HA21S, HB21S (WORKS) 94.11~98.10 リア用

HONDA ホンダ INSIGHT インサイト ホンダ純正 カーゴマット (ロング/防水タイプ) (全タイプ対応) 2011.02~次モデル

。良い部分も修正しなくてはならない部分もあったが、われわれはこういうサッカーを目指していくのだということを示せたのではないかと思う 送料無料 ブリヂストン ポテンザ POTENZA RE-71R H 185/60R14 185/60-14 1本 バルブ付 トレノ レビン シビック ロードスター。

チャンスも決定機も相手を上回っていたと思うが、追加点が入らなかったことで少し苦しくなり、最後まで熊本さんに勢いを与えてしまった。2点目、3点目のチャンスをしっかり仕留めてゲームを終わらせる強さのある、そんなサッカーを貫いていきたい。

まだまだ試合がある中で、少しずつだが選手も自信を持ってやりつつあるので、それを継続してわれわれらしいサッカーを、思い切りアグレッシブに最後まで戦いたい。次はまたホームで戦えるので、勝ち点3を積み上げていけるように準備したい。

——前節からスタメンを4人入れ替えた狙いと評価を。

状態の悪い選手がいたのと、熊本さん相手にどういうプレーをする選手を選べばいいかということを考えたなかで、こういう組み合わせにした。交代した選手を含め、置かれたポジションで、自分の持っているものを出し切って、よくトライしてくれた。まだまだそういう面でも積み上げていかなくてはならないところはあるが、しっかりやってくれたと思っている。

——これまでの試合に比べ最も“らしさ”が出せた試合だったのでは。

今週、トレーニングで、もう一度自分たちのサッカーにこだわって積み上げていこうということに取り組んだ。その効果も出たと思うし、選手が思い切ってトライしてくれたなかで、しっかり判断と質の部分をやってくれたからだと思う。

——これまで10戦未勝利だった熊本に初めて勝利したことについて。

僕は知らなかったのだが、熊本さんとの相性が良くないということは聞いていた。練習試合はしたことはあったが、僕は今季J2に上がって公式戦では初めて対戦したので過去のことはわからない。ただ、選手が熊本戦に向けて狙いをもってしっかりやってくれたことで、結果が出たのだと思う。トレーニングから選手が積み上げてやってきていて、その効果が出たということは感じている。

——今週はかなり激しくトレーニングしたようだが。

前節が土曜、今節が日曜開催で5日間の準備期間があり、もう一度チームを作り直すというか、熊本戦に向けて狙いをもった練習が1日多く出来た。選手が本当にトライしてくれた。激しくやることが僕は大事だと思っている。今日のゲームでも、球際や切り替えといったベースの部分で戦わないと勝てないし、戦う姿勢はすごく大事。それは他のJ2チームも同じだと思うが、われわれも負けないように。トレーニングから激しくやれば、それがゲームでも出てくると選手たちにも求めた。怪我をしたり、要らないファウルをして雰囲気が悪くなったりという怖さもあるが、僕は選手には、コンタクトがあることは試合では当たり前のことだから、トレーニングからやってくれと。また、怪我人が出た影響も含めてメンバーを固定せずに、次の対戦相手に向けて良いメンバーを選ぼうと考えていることで、チーム内で競争が高まっている影響もあると思う。

 

 
【囲み取材】
 
——相手とのミスマッチを使って上手く動かせていた。
 
はい。4枚の相手にはこうやって上回ってやっていくことが大事。熊本のようにプレッシャーに来る相手に対してもボールを動かせないと、僕はもうこのサッカーは出来ないと思ったので、失点も覚悟した ヘッドライト 99-02 Silverado Smoke Headlights+Chrome Grille+Clear Tail LED 3Rd Brake Lamps 99-02 Silveradoスモークヘッドライト+ Chr omeグリル+クリアテールLED 3Rdブレーキランプ。後半は1点リードしていたこともあり、蹴ったりシンプルにやることが必要な場面もあったかもしれないが、それでもつないでくれ、自分たちの戦いをやろうということをハーフタイムにも伝えた。
 
とにかくつなぎまくりたかった。選手にも「とにかく回せ」と(笑)。相手が前から来てもワンタッチ、ツータッチで動かして、とにかく走らせろと。
 
ただ、やってくれたのだが、ちょっとプレッシャーがあって見えていなかったり、質に問題があったりというところもあった。熊本さんは本当にプレッシャーをかけてくるが、今後もこういう相手に対していなせるようにしたかったので、こういう試合でトライしないとやはり良くなっていかないと考えた。
 
——では対熊本ということで選手たちに伝えたポイントも。
 
どれだけ相手を動かすことが出来るか。自分たちのやりたいことが出来るか。ああいう相手に対して勝てる自信をつけたい。やり方によって必ず上回ることが出来る。それを証明したかった。本当は2-0、3-0になるペースだったのだが。さんぺー(三平和司)にしても伊佐にしてもごっつぁん(後藤優介)にしても(川西)翔太にしても、前線の選手が決定機をどれだけ決められるかというところ。
 
GKを使ってのビルドアップでボールを失わずに攻撃できることはすごく大事だと思う。相手とのマッチアップで生じるスペースなどを選手たちがしっかり判断したなかでやってくれたと思う。
 
——今日はいつもより攻撃時のポジションがフレキシブルだったのでは。
 
あまり指示したわけではないが、「つなぎの部分ではいろいろとスペースや相手の変化を見ながら柔軟にポジションを変わったりしてもいいし、動いて受ける・つなぐということにこだわってやろう」と話したことを徹底してやってくれたことで、そういう変化が起こったのだと思う。
 
——小手川選手がいつもより前に絡めていた。
 
ボランチのところも狙われてくるので、あまり低すぎるとロストしたときに自陣でピンチになる。ボランチ1枚が降りたり引っ張ったりすることでスペースが出来たりもするので、そういうところのバランスを、ボールの回し方も見ながらコテが賢くやってくれたのかなと思う。
 
やはり後ろから持ち出したり後ろからつないでいくときに、熊本さんは非常にプレッシャーに強く来るので、下がれば下がるほど連れてくることになる。狭いところに行くと失ったときにピンチになるので、ちょっとスペースを空けておいたなかで相手がどうついてくるのかを見て動かすことが大事だとトレーニングでもやっていた。それをやってくれた。
 
——後半立ち上がりに一気に攻めたが、そのあと微妙な時間帯があった 。何が起きていたのか。
 
何だったんですかね…やはり攻めて追加点が取れず、相手の勢いもあり、ちょっと緩みが出たのかもしれない。カミ(上福元直人)のコントロールにしても(竹内)彬の対応にしても。あの時間帯は疲労が出たり、緩みが出たりすることもあるので、集中を切らさずにやることが大事になる。
 
今日はグラウンドの状態もあまり良くなかった。滑っていたし、ちょっとボコボコしていた。相手のミスに助けられた部分もあったが、失点ゼロに終わって良かった。
 
今日はプレゼントゴールを与えるのではないかと思っていた。それは仕方がないこと。やっていくなかで必ず勉強代を払うことがあるので。だから2点目、3点目を取って、そういうのにもチャレンジしながら経験すること、次につながるようなプレーをすることが大事だと思っていた。
 
——それで結果が出たことは選手たちにとっても非常に大きいのでは。
 
自信になると思う ベンツ Gクラス W463 LED 室内灯 ルームランプ (2012-) ショート対応 11カ所 キャンセラー内蔵 6000K 送料無料。ただ、まだまだやっていかなくてはならないが。
 
——ポジション争いという部分でも今日は収穫が大きかったのでは。
 
試合に出る準備を全選手がやってくれていた結果が、このようにチーム力を上げることにつながる。良い傾向だと思う。
 
——今日は出場しなかったが、林選手のコンディションは。
 
だいぶ良くなってきているので、これから伊佐と競争になると思う。今日も次第にサイドから割ることが増えたので、クロスに対して感覚の良い(林)容平を入れるタイミングを考えていたのだが、試合展開の中でどういうカードを切るかというところだった。
 
——開幕から5試合を終えての手応えは。
 
いろんな相手といろんなメンバーで戦って、いろいろと見えてきた部分もある。少しずつだが積み上がってきているとは思う。ただ、チャンスはあるので得点力の部分は、特に前線の選手にはもう少し上げてほしい。せめてシュートが枠に行くように。そういうところはすぐには改善されないので、トレーニングからしっかり積み上げていきたい。
 


関連記事

試合レポート
闘う言葉
闘う言葉
闘う言葉
闘う言葉
今節の見どころ
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-50074