>  > 【店舗取付サービス】【70/75 ノア アクティブモータリングスタイル】NOAH (G/X/YY) ZRR70/75G 前期 LUXEST ルーフスポイラー

【店舗取付サービス】【70/75 ノア アクティブモータリングスタイル】NOAH (G/X/YY) ZRR70/75G 15インチ 前期 LUXEST ルーフスポイラー シルクブレイズ

-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-14 00:00 | カテゴリ:薄桜鬼(春来は~)
春来は未だ遠く 最終話

本日更新内容にはR15・・・いや、18とすべきか?の性的描写があります。
苦手な方はご注意ください。
なお、該当部分はお手数をおかけいたしますが、反転してください。

 千鶴はとぼとぼと雪の中を歩いていく。
『旦那さに、やや産めねぇ女子(おなご)とは離縁して後家さを迎えろって話があるのは千鶴さ知ってただか?』
 お種から聞いた話が重くのしかかる。
 斎藤の事だから、その話を持ちかけてきたのが誰であろうとその場で断っているだろう。だが、果たして斎藤にとってそれが良いことになるのだろうか。
 老中の孫娘はまだ若く、病気一つしたことのない健康な姫だという話だ。彼女ならばすぐに斎藤の子が宿るのではないか  そう思うと、このまま自分は斎藤の前から姿を消した方が、彼のために良いのではないかとさえ思えてくる。
子が産めなければ家は絶えてしまう。そのため、子が産めない女は離縁され里に帰らされるということは AP ブレーキパッド リア メルセデス・ベンツ W176 A180 SPORTS/BLUE EFFICIENCY SPORTS 176042 2013年01月~、昔からよくある話だ。仕方ない。
 だが、そう思っても心は斎藤と離れたくないと悲鳴を上げる。
 声なき悲鳴を具現したかのように重たげな雪が降り注ぎ、着物を髪をどんどん濡らしていき、体温を奪ってゆく。顔からは血の気が引き、溶けた雪によって濡れた髪が額や頬に張り付き、雫が留まることなく頬を流れ伝い落ちてゆく。
 どうすればいいのだろうか。それ以外考えられず、ただ闇雲に歩いていると不意に背後から腕を引っ張られ、真後ろに倒れかかりそうになるが、転倒することなく暖かい胸へと倒れ込む。
「探したぞ。こんな雪の中何処へ行くつもりだ」
 息を切らし頬を上気させた斎藤が背後から千鶴を抱きしめながら問いかける。
「は・・・・じ、めさ  ん?」
 かじかんだ唇は上手く動かず、その名をちゃんと呼ぶことが出来たか判らなかったが、判ったことはこの雪の中必死に探してくれたということだけだ。
「何処って・・・私は家に・・・・あ・・・あれ?」
 千鶴は慌てて周囲を確認すると、人の気配どころか掘っ立て小屋一つ見あたらず、山裾近くの雑木林近くまで来ていることに気がつき愕然とする。
「・・・・あ、あのここ、どこですか? い、一応家に向かっていたはずなんですけれど  」
 お種の所で聞いた話で思考が真っ白になってしまったせいか、気がついたら見覚えのない場所にいることにようやく気がつき思わず、困ったように斎藤へと視線を向ける。
「お種婆さんの所を出てから、すでに一刻以上この雪の中を歩いていた事も自覚がないのか」
 どこか呆れたように呟く斎藤の言葉に 16インチティーダC11系BLEST ユーロスポーツ レグルス A1 メタルブラックポリッシュ 6.0Jx16ブリヂストン ネクストリー 195/55R16、千鶴は目を見開く。
「は、一刻も経っているんですか!?」
 お種の家を出て一刻もしているのなら、家を出てすでに二刻以上経過している事になる。すぐに戻ると書き置きしているのに、なかなか戻ってこなかった自分を心配して、吹雪き始めた中探しに来てくれたことにようやく気がつく。
「いや、無事ならそれで構わない」
 だが、雪の中ぼんやりと歩く姿を見つけた時には、そのまま雪煙の中にかき消されていくように見え、とっさに駆けだしてその腕をとると掻き抱いていた。
「千鶴、お前は勘違いをしている」
 ぎゅっと背後から抱きしめながら斎藤は唐突と言わんばかりに告げる。
「お種婆さんから聞いた話は、誤って伝わった話だ。俺のことではない」
  え?」
 どうしようと思っていた。
 斎藤の事を考えるなら絶対に身を引いた方が良いと。
 家に帰り着くまでに決心を付けようと思っていたが、その決心が着く前に斎藤自身が現れ、そして千鶴が現実を認識する間もなく、矢継ぎ早に告げられた言葉に、千鶴は一人置いてけぼりを食らう。
 勘違い? 何が勘違いだというのだろうか?
「あ・・・あの、早川さまのお孫さまが・・・」
「だから、その話は出任せだ・・・こんな雪の中でする話ではないな。すぐ近くに確か小屋があったはずだ、とにかく移動するぞ」
 斎藤は千鶴の肩に己が羽織っていた蓑を掛けると、その肩を抱き寄せて、横殴りに吹雪き始めた雪の中を歩いてゆく。
 猟の最中に休息を取ったり、雪を逃れるために作られた粗末な小屋だが、雪を凌ぐには十分だった。
 立て付けの悪い木戸を開け中に入り込めばしばらく使われていなかったのか、埃の匂いが充満していた。それでも雪と風を防げる室内は外より暖かく感じるほどだったが、すぐに千鶴は身体を震わせる。
 着物は水を被ったように濡れそぼっており、髪も額や首筋に張り付いて水滴を零している。元々白い肌には血の気がなく青みがかって見えるほどだ。例え小屋の中に逃れたとしても、すぐに温めなければ凍え死にかねないほど身体が冷え切っている。
 斎藤はすぐに室内に視線を巡らし、部屋の片隅に積み重ねられている炭と枯れ枝を囲炉裏に投じ、火打ち石で火を付ける。
「千鶴、濡れた着物は全て脱いで、火のそばへ。天候が落ち着くまでこれを羽織っていろ」
 外の上着は雪により水気を含んでいたが、生地が厚い分中に着ていたシャツまでは濡れずに済んでいたため、斎藤はシャツを脱いで千鶴の肩に羽織らせる。
「で、でも一さんが・・・・」
「俺はお前ほど冷えていない」
「で、でも・・・」
 囲炉裏の火はないよりはマシという程度で、冷え切った室内が暖まるほどの温もりはない。そんな中で上半身を晒していれば一の方が風を引いてしまう。
「私は自業自得ですから単衣を・・・は、一さん?」
 一が肩にかけたシャツを脱ぎ、代わりに濡れている単衣を羽織ろうとしたがその手を掴まれ、抱き寄せられる。
「俺はこれでいい。お前が羽織っていろ」
「え・・・? で、でも  
 斎藤は千鶴の心配など意に介すことなく、片手を千鶴の背後に回してさらに抱き寄せ、空いた手で囲炉裏に薪をくべながら誤解を解くために口を開く。
「お前がお種婆さんから聞いた話は出任せだ。だから気に病むな」
「出任せ? 一さんが断ったのではなくて?」
 自分に聞かせないために・・・いや、気を遣わせないために言っているのではないだろうか。
 千鶴の不安を余すことなく読み取った斎藤は、なぜそんな話が出回ったのか判らないがと先に断ってから ニューズ ヴェルファイア 20系 後期 Combat-line Front Bumper Spoiler ver.1、自分自身が知っていることを千鶴に話す。
「確かに早川様の孫娘は、嫁ぐ事が決まっているが、弘前藩の藩士の元であって俺ではない。嫁入りは初夏の頃だそうだ。その時行列の警護を任されはしたが、俺の元へ嫁ぐとかそういう話ではない」
「・・・・・・・・・・花嫁行列の警護を一さんが?」
 聞かされた話とは違う展開に千鶴は呆然とする。
「行列といってもこの財政ではたいそうな事はできないが、最低限の対面は保ってやりたいという親心のようなものだろう。その話がどこでどうどう転じたのかお前が聞いたような話に変じている」
「弘前藩へお嫁入り  一さんの元じゃなくて?」
「そうだ。この話は俺自身よりも早川家にとって不名誉な話だ。早急に対処せねば、早川家にも迷惑がかかるだろう  だから、千鶴は何も心配する必要はない。俺はお前とは離縁な・・・・・・泣くな」
 呆然と斎藤を見上げていた双眸から、堪えきれなくなったかのように涙が溢れ頬を流れ伝う。
 後から後から、込み上げてくるかのように流れ伝う涙を斎藤は、唇をよせて舌先で拭う。
「・・・・・・ど、どうしようって  だ、だって、子供が産めないから、わた、わたしっ仕方ないって、思うしか出来なくてっっ」
 嗚咽を漏らしながら斎藤にしがみついて泣き始めた千鶴の背を、叩きながら子供のようにあやす。
「この前も言ったはずだ。子が出来ぬ原因は俺にあるかもしれないと」
 千鶴は首を振って否定する。
 自分にあるとしか思えなかった。
 月の障りももうまともにこない状態なのだ。お種が言ったように、子が産めない身体としか思えない。
「子は出来たのならそれはそれでいい。だが、俺は出来なくても構わないと思う」
 以前も言われた言葉に千鶴は伏せていた顔を上げる。
「これも言ったな。俺は羅刹だ  この地の清い水のおかげで、変若水の毒は薄まった。だが、この身から変若水の毒が消えたわけでもなく、羅刹でなくなったわけでもない」
 刀を握り続けた手が愛しげに千鶴の頬を包み込む。
「お前に俺の子が宿れば、その子は羅刹の子でもあるということだ。変若水の毒がどう影響するのか判らない」
 羅刹の血を引いた子がどんな子になるのか、誰にも想像がつかない。
「それをいったら、私は鬼です。それも純血の鬼」
「お前は羅刹のように血に狂うわけでもなく、その身が灰になることもない・・・少なくとも徳川創設の時代から続いた血統だ」
 鬼と羅刹は根本的に存在が違う。
 古来より続く種族(おに)と、異国の鬼の血を変じて作った毒薬によって故意に作られた羅刹(おに)という差がある。
「俺は、いつの日かお前一人残して逝く」
 老いるまで共にありたいとどんなに願っても、それは叶わない事だった。
 変若水を煽った事に悔いはない。だが、身より一人いない千鶴を一人この世に残さなければならない時が来ることだけが気がかりだった。
 一人故に自由でもある。だが、子がいればその気がかりも薄れるだろう。例え自分がいなくても、彼女を支える者が居れば・・・自分以外に信用の出来る者に託すことが出来れば。だが、同時に不安もあった。
 変若水の毒に穢れた血を引く子が生まれても良いのかと。その子を身籠もることによって、どんな影響が千鶴の身に降りかかるのか  それは、前例が無い以上試してみなければ判らない賭だ。
「その躊躇いが、お前に子を宿らせることを阻んでいるのかもしれないな」
 微苦笑と共に漏らされた、今まで隠されていた思いに千鶴は何も言葉を言うことが出来ず、首を振り続ける。
 何を言えばいいのか。
 鬼であるとか羅刹であるとか、この地に来てから意識することはほとんどなかった。斎藤の吸血衝動は見る見るうちに出なくなり、日中の活動も支障がなくなるにつれ、変若水の毒に苦しめれた日々が遠い過去のものとなり、ごく普通の夫婦としての幸せを求めるようになっていた。
 正直にいえば千鶴とて鬼である自分の血には不安がある。
 今後、新たにこの血を引く者を狙う者が出てくるかもしれない。山南のようにこの血に潜む力に目をつけ、恐ろしい事に使おうと企む者もいるかもしれない。
 不安はつきない。
 それでも 、そんな不安よりも願いの方が強かった。
「私は贅沢になってしまいました。昔はただおそばに居られればそれで幸せだと思っていたのに・・・一緒にいれば、それ以上を求めるようになってしまいました。私にとって、一さんは羅刹なんかじゃなくて、ただ一人の愛しい男(ひと)なんです。愛した人とごく普通の家庭を・・・幸せな家庭を築いていきたいんです  我が儘かもしれませんけれど、鬼の私が見るには烏滸(おこ)がましいのかもしれないですけれど、それが私の夢なんです」
「普通の家庭  
 千鶴が言えば当たり前のように聞こえる言葉が、どうして自分には不似合いな言葉に聞こえるのか・・・それは、かつて大勢の人を殺し、多量の血を浴びてきたからだろうか。
 普通の家庭を自分が望む方が烏滸がましいと、かつての自分なら思っただろう。
 平穏だとか、幸せだとか、そういった言葉とはほど遠い場所にいた。
 だが、今は手を伸ばすとあっけないほど簡単に触れられそうな・・・届きそうな気がしてくる。
 いや、届くのだろう。
 錯覚でも思いこみでもなくなく。
 今、目の前で必死で訴える者がその全てなのだ。
「・・・・・・・・・・いつか」
 斎藤は必死に訴える千鶴の華奢な身体を抱きしめる。
「いつか、お前に  」
 耳元で囁かれた言葉に、千鶴は顔を一瞬だけ歪めると、すぐに嬉しそうに顔を綻ばせて、斎藤の背に手を回して抱きつきながらしっかりと頷き返す。
  はい」
 いつか、

【店舗取付サービス】【70/75 ノア アクティブモータリングスタイル】NOAH (G/X/YY) ZRR70/75G 前期 LUXEST ルーフスポイラー ネットセーフ!

トヨタ アルファード ANH25W T847W サスペンション RSR;【12月も延長!ポイントが全員7倍!】送料無料◆GEOLANDER SUV G055◆225/55R18 98V◆1本価格◆新品夏タイヤ◆ヨコハマタイヤ◆ジオランダー【エントリー限定】;15インチ サマータイヤ セット【適応車種:フリード ハイブリッド(GP3)】HOT STUFF プレシャス アストM1 ブラック/リムポリッシュ 5.5Jx15SINCERA SN832i 185/65R15

【店舗取付サービス】【70/75 ノア アクティブモータリングスタイル】NOAH (G/X/YY) ZRR70/75G 前期 LUXEST ルーフスポイラー;【イベント開催中!】 KOMINE コミネ MJ-001 ライディングレザーメッシュジャケット レディース サイズ:WM;175/60R16 82H BRIDGESTONE ブリヂストン REGNO GR-XI レグノ GR クロスアイ TRG-SILBAHN TRG シルバーン サマータイヤホイール4本セット;16インチ サマータイヤ セット【アクセラ(BM系)】HOT STUFF ヴァーレン W03 ガンメタリック 6.5Jx16RADAR Rivera Pro 2 205/60R16;brembo(ブレンボ)/ブレーキディスク/リア/08.9179.10/ウインダム/クルーガーL/V/セプター/ハリアー

Bellezza/ベレッツァ シートカバー アイミーブ HA4W プレミアム PVCレザー パンチング×ホワイト, ブレンボ ブレーキパッド ブラック P06 020 ランドローバー レンジローバー () LM44 02/04~05/06 車台No.→5A999999/《グレード》4.4 V8 リア左右セット, Daytona(デイトナ) BRAKING ディスクローター BW06RID 76715, 【送料無料 最大3年間保証】 SHORAI ショーライ LFX14A5-BS12 ショウライ lfx14a5 バッテリー リチウムイオンバッテリー リチウムバッテリー リチウム LFX14A5 リフェバッテリー バイク 2輪 二輪 オートバイ 原付 単車 小型 軽量 12v 12V カー用品 カーグッズ, 【BST003B】 VENTURA(ベンチュラ) ベースセット TRIUMPH T140 750 ステップワゴン RK1/5 (スライド調整不可) KBマフラーシリーズ KB-W・BURST(ケービー・ダブルバースト) 【ハーフステン/片出し】 K-BREAK/ケイブレイク

、宿るかもしれない。宿らないかもしれない。こればかりは誰にも判らないことだった。
 現状を顧みれば、望みは薄いような気がしてならないが、それでも不思議と今までのような焼け付くような焦燥がわき上がってこない。
 時期が来ればきっと叶うのだろう・・・と今まで思うことが出来なかったのに、不思議と思えてくるのは、今は間違いもなく斎藤と思いが一つに重なっていると実感できるからだろうか。
 正体の見えない不安は霧散し、ただ目の前に居る人が愛しくて愛しくてたまらなかった。
 その想いだけが溢れてくる。
 冷え切っている肌を温めるように千鶴がさらに身を寄せれば、斎藤の掌が千鶴の頬を包み込み KYB(カヤバ) New SR SPECIAL リア[L] ミニカトッポ/BJ(H46A) R NSF1036、胸に伏せていた顔をあげさせる。千鶴は促されるように顔をあげると、引き寄せられるかのように二人の視線が重なりあう。
 どちらともなく顔を寄せ合い、唇がゆっくりと重なり合う。始めは啄むような戯れるような口づけは、少しずつ重なりが深くなってゆき、冷え切った大気に濃密な気配が漂い始める。

 誰よりも近く、傍に近づきたい。

 その想いに突き動かされるように、口づけは深みをまし、互いに喰らい合うように舌が絡み合い、嚥下仕切れなかった唾液が溢れ、喉を伝い落ちてゆく。
 羽織っていたシャツはいつの間にか床の上に落ちていたが、寒さを感じることはなかった。囲炉裏の炎もけして強くはない。互いの呼気は白くたなびき、眠ってしまえばを凍え死んでしまうかもしれない。
 だが、今の二人には寒さを感じる余裕などなかった。互いが互いの熱を求め、高め合うように、腕を伸ばす。
 千鶴の細い指が伸び、鍛えられた胸元を愛おしむように触れれば、千鶴の喉元を伝い落ちてゆく雫をなぞるように、斎藤の舌先が首筋をつたい、鎖骨のくぼみに鮮やかな朱を刻み、まろやかな胸元へと唇が落ちてゆくにつれ、千鶴の身体を床の上にゆっくりと押し倒されてゆく。
「は・・・じめ、さん」
 熱を孕んだ声が斎藤の名を呼ぶ。
 唇は先ほどの口づけで赤く熟れ、潤んだ眼差しが、羞恥も理性もかき消されたかのように、ただ純粋に斎藤を求めていた。
 己の名を呼ぶ声に誘われるように、赤く熟れた唇に口づけながら、その柔肌に触れてゆく。冷たく冷え切っていたはずの肌はいつの間にかしっとりと汗ばむほどに熱を孕み、理性を狂わせるような女の香りを匂い立たせていた。
 四肢は間断なく与えられる快楽に震え、力が入らないのに、それでは足りない。
 求めるように愛しい男の名を呟く。
 声は掠れ、まともに発音出来たかどうかも判らない。それでも声は相手に届く。
 熱に潤み掠れた視界で、己の上に覆い被さる男を見つめると、同じく情欲の色に支配された漆黒の双眸がまっすぐに自分を見つめ返す。
 震える腕を伸ばし相手の首に手を掛ければ、引き寄せずとも身が伸び、互いの舌を絡め、相手の吐息さえも貪るように唇を重ね合わせる。

 もっと  もっと近くで感じ会いたい
 けして自分では届かない奥まで感じたい。
 
 声なき言葉が届いたのか、それとも同じ思いだったのか、まだ千鶴が物慣れぬ女なら、置いてきぼりを喰らっただろう。快楽を味わうというよりも、早急な抱かれ方に感覚がついていけず、過ぎた快楽に苦痛を味わうだけだったかもしれないが、余裕はなくとも、強すぎる快楽を苦痛に感じることなく受け止められるほどに、三年という月日の間に斎藤に染められていた。
 他を感じている余裕などどこにもなかった。
 ただ、全身で斎藤の存在を感じ受け止め続ける。
 凍える空気を払拭するかのように、互いの熱に溺れる。

 新しい命を、抱かせてあげたい

 どちらが強く思った願いか。
 両方が共に祈った願いか。
 声にならない想いが吐息と共に吐き出された瞬間、千鶴は悲鳴と共に高みに上り詰める。
 千鶴の四肢から瞬く間に力が抜けるが、その身を斎藤は潰さないように抱きしめ、忙しなく上下する胸に顔を伏せる。
 全力疾走したような鼓動を耳朶に感じながら、視線をあげれば未だ放心し虚ろな眼差しで、虚空を見つめていた。
 早急すぎたな。
 そう思っていても衝動は未だ治まらない。

 ああ、本当に千鶴を抱くときは制御が効かない。血を欲する衝動より厄介かもしれない。

 そう思いながらも ブリヂストン ブリザック VRX2 2018年製 スタッドレス スタッドレスタイヤ ● 205/55R16 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー ZEFICE X ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +40 5穴 114.3、斎藤は千鶴の中から出て行くきにはなれなかった。
 伏せていた身を起こし、未だ荒く呼吸を繰り返す千鶴の唇に唇を重ね、呼気を奪いながら、今度は腰を緩やかに動かし始める。
 千鶴の柳眉が潜められたのは最初だけで、すぐに力なく投げ出していた両腕を伸ばして斎藤の背に回される。
 この世には二人しかいないと言わんばかりに互いしかない空間。
 昏々と降り続ける雪が、外界の全ての音を飲み込み、凍てついた空気が全てから遮断する。 
 降り積もる雪は全てを白く染め上げ、春は未だ遠く気配すら見せない。
 だが、それでも時はゆっくりと移ろいゆく。
 どれほど冬が長くても、寒さが厳しくとも、ゆるゆるとその時は訪れ、やがて春の訪れを花の芽吹きと共に伝えてくれるだろう。

 いつの日か  

                             【了】




この後の話として、同人拍手御礼拍手ログにSSがあります。
関連記事
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-86204