クスコ CUSCO LSD type RS Spec-F(2way(1.5&2way)) スバル レヴォーグ VMG FA20用


 >  > クスコ CUSCO LSD type RS Spec-F(2way(1.5&2way)) スバル レヴォーグ VMG FA20用


★これは音楽現代誌に1994年1月より連載された「世紀末CDノート」のオリジナル復刻版です。
【プロジェクトミュー】NS-C(エヌエス・シー) ホンダ アコードツアラー ACCORD TOURER用 CW2 車台No.1100001~系 リヤブレーキパッド 品番:R395 / 【USA在庫あり】 ガードナーウェスコット Gardner-Westcott 6角ナット 8/32インチ クローム 100個入り 041586 HD / BRIDE VIOS3 JAPAN(ビオス3 ジャパン) 品番 F42NNZ【シート】【自動車パーツ】ブリッド [754/7122/1141] THULE ベースキャリアセット トヨタ ヴィッツ SCP10,NCP10,NCP13,NCP15 H11/1~H17/2 5ドア 1996 / 1997 / MANARAY SPORT/EuroStream BV25 アルミホイール 4本セット NT100クリッパー 16T 【12×4.0B 4-100 INSET42 ブロンザイトレイヤード】 ★送料無料★(一部離島等除く) 【エスペリア】TOYOTA サクシード SUCCEED NCP51 58系 ダウンサス NLP51V 1ND-TV H14/7~H20/7 2WD 1.4L ディーゼルターボ フロント サマータイヤ 215/45R17 91W XL グッドイヤー イーグル RV-F & レオニス MX BMCミラーカット 7.0-17 タイヤホイール4本セット1998 / 1999  




 それにしても、このところ、クラシックの音楽家たちがピアソラ作品にアプローチしたCDがずいぶん多くなった。
 ここ数カ月を見ただけでも、ヴァイオリンのギドン・クレーメルの「ピアソラへのオマージュ」、ギターのセルシェルとフルートのガロワによる「ピアソラ・フォー・トゥー」、同じくギターの福田進一とフルートの工藤重典による「ブエノスアイレスの冬~ノスタルジック・ピアソラ」とピアソラものが並ぶ。
 バレンボイムがバンドネオンとベースを率いてピアソラとガルデルのタンゴ曲を録音した「わが懐かしのブエノスアイレス」も記憶に新しいし、サックスの須川展也も昨年ピアソラに捧げる「カフェ1930」を発表している。
 私などは、ピアソラの音楽の魅力はなんといっても本人のバンドネオンの泣き節に尽きる!と信じているので、クラシックのプレイヤーのピアソラものには自然と点が辛くなるのだが、クレーメルがバンドネオン奏者グロルヴィゲンと組んでの一枚は結構楽しめた。
 福田進一さんの精妙なギターで名作「ブエノスアイレスの四季」の夏・春・冬が聴ける一枚もいい。ギターが「泣いて」いるのがマニアにはたまらない。特に「冬」の切なくも暗いメロディは必聴!

FA20用 LSD VMG Spec-F(2way(1.5&2way)) レヴォーグ スバル type FA20用 クスコ VMG CUSCO RS




 などという前振りで一体どんなCDを紹介したらいいのだろ?と思っていたらケッサクな一枚があったのでご紹介。
 なんとバラライカ(三角形のギターのようなロシアの民族楽器)を中心にした民族楽器のオーケストラでグリンカやR=コルサコフからショスタコーヴィチまで演奏した珍品なのだが、これが結構ロシアっぽい土臭さとダイナミズムを持った拾い物なのだ。
 バラライカだけでなく、グースリ(チター風の弦楽器)や、バヤン(ロシア風アコーデオン)に、各種管楽器や打楽器までも加えた力感にあふれながら哀愁漂うサウンドは、昔懐かしい古き良き時代のロシアを彷彿とさせて素敵。


 もう一枚は、推薦盤というわけではなくて、ついバラライカ・オーケストラの勢いで聴いてしまったロシア管弦楽もの。こちらは普通のオーケストラが、バラキレフ、ボロディン、R=コルサコフのロシア民謡を組み込んだオーケストラ作品を演奏している。
 比べて聴いてみるとオーケストラ化することで民謡の何が失われるかが分かる....かも。



 というトンでもない前振りで紹介する今回のCD、最初に聴いた時はそれこそ冒頭5秒ほど聴いただけで全7曲飛ばしていって、三十秒ほどで聴き終わってしまった。収録されているのは、色々な編成の室内楽ピースである「アーキテクトニクス」という連作7曲。作曲者のエリケ=スヴェン・トゥールはペルト、ヴァスクスに次ぐ世代のエストニアの若手(一九五九年生まれ)。
 しかし、もう一度あらためて聴き通してみると、雑食ランダム・アクセス時代の申し子のように、戦後アヴァンギャルド音楽のサウンドや、ロックやフリー・ジャズのイディオム、シンセサイザーやエレキ・ギターがガラクタをぶちまけたように並ぶ面白さがなんとなく分かってくる。
 そう言えば最近イギリスでもアメリカでもヨーロッパでも、この種の「ガラクタぶちまけ音楽」がけっこう多くなってきたような気がする。中には「ナメてんのか、こら!」とツッコミをいれたくなるような過激ものから、「ちゃち!」の一言しか出ない稚拙なものまで多彩。このトゥールくんは「ちょっとオモロイ」中級グレード。


 もう一枚はフィンランドの重鎮ラウタバーラの新作。この人、最近は独特の浮遊感のある旋法的ハーモニーをひたひた流す作風で、グレツキに次ぐ「ゆっくりキレイ派」の大関の一角に食い込みつつある名匠。
 タイトル曲は彼の7番目の交響曲で、全4楽章四十分弱の大作。傑作「鳥とオーケストラの協奏曲」ほどのシンプルなきれいさはないが、そのボワーッと薄光りするような微温的世界は健在。なにか幻覚でも見ているような不思議な無重力感が味わえる。



 オーストラリアのピアニストであるヘルフゴットは、二十代でラフマニノフの第3番の協奏曲を弾いてロンドン・デビューしたものの、精神病に冒されて一線を退いてしまったという人。そう言えば、しばらく前に話題になったかつての日本の天才少年バイオリニスト渡辺茂夫も、アメリカで心を病み自殺を図って一線を退いてしまったと言うから ブリヂストン REGNO レグノ GR-XI サマータイヤ 185/65R14 MANARAY Euro Speed C-07 ホイールセット 4本 14インチ 14 X 5.5 +38 4穴 100、こういう例は繊細な感性を持つ音楽家につきものの悲劇なのかも知れない。
 ただし、ヘルフゴットの場合はその後なんとか復活を果たし、そのあたりの実話が最近「シャイン」という映画で描かれて話題になった。このCDでは、映画でもテーマとなったこの第3番のコンチェルトが、濃厚なロマンとは無縁のちょっと危なげな叙情で紡がれてゆく。


 もう一枚は、このコーナーではきわめて珍しいクラシックな室内楽曲。実を言うと、田部さんの復活コンサートで変ロ長調の長大なソナタ(二十一番)や変ト長調の即興曲を聴いて以来、微熱が長く続くような天国的じれったさに満ちたシューベルト後期の音楽にちょっとはまっているのである。
 で、死の数カ月前に書かれたというこの長ったらしくて盛り上がらない五重奏曲なども、「面白くない曲だなあ」とつぶやきながらなぜか聴いてしまったわけで、何というのか、こういう地味で長い曲を人生の最後にモソモソと書いていたシューベルトの姿を想像しただけで、なんだか泣けてくるのだなあ。



 心が動くと言ったら、

クスコ CUSCO LSD type RS Spec-F(2way(1.5&2way)) スバル レヴォーグ VMG FA20用 販売と買取

カーマット フロアマット トヨタ イスト 19年7月~24年6月 2WD-スタンダードブラウン2;【プロジェクトミュー】NS-C(エヌエス・シー) スバル インプレッサスポーツ IMPREZA SPORT用 GP6/GP7系 リヤブレーキパッド 品番:R914;ZOOM ダウンサス 1台分セット [ダイハツ] ビーゴ J210G 3SZ-VE H18/1~ 4WD 1.5L

クスコ CUSCO LSD type RS Spec-F(2way(1.5&2way)) スバル レヴォーグ VMG FA20用;NANKANG TIRE ナンカン AS-1 サマータイヤ 225/55R17 MONZA R VERSION sprint ホイールセット 4本 17 X 7 +38 5穴 114.3;CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) 20インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:-10 DISK TYPE:HIGH カラー:ブラックサイドマシニング [ホイール1本単位]/H;★送料無料【BRAHMS】☆ブラインドシェード☆ トヨタ C-HR [NGX50/ZYX10] 『リアセット』;【送料無料】 165/65R14 14インチ カジュアルセット タイプB17 メタリックグレー 4.5J 4.50-14 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】

アライ VECTOR-X GUARD 【RED Mサイズ】 ガード フルフェイスヘルメット, RSR ダウンサス SX4 YA11S フロント2本 新品 RS-R S300DF, SAMCO SPORT サムコスポーツ ラジエーター関連部品 クーラントホース(ラジエーターホース) カラー:イエロー (限定色) YZ 125 2002-2017, 【S665】ジムニー [H12/4-H16/10][JB23W] ワイルドステッチ ライトグレーxホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー, 【10%引きCP・20時~ポイント10倍】【10本セット】スリングベルト 6m 幅25mm 使用荷重1000kg 吊りベルト ベルトスリング ナイロンスリング [ナイロンスリングベルト 繊維ベルト 荷吊りベルト 吊上げ ロープ 牽引 クレーンロープ クレーンベルト 運搬] 【送料無料】 245/30R20 20インチ LEHRMEISTER レアマイスター ティニャネロ(パールブラック/リムポリッシュ) 8J 8.00-20 DELINTE デリンテ D7 サンダー(限定) サマータイヤ ホイール4本セット

、私はまずシベリウス先生を思い出す。特にこのCDで聴ける小管弦楽の作品などは、あの怖そうなお顔で(失礼!)よくこんな可愛い曲を書くよな~と感心してしまう逸品ばかりだ。(私も同じようなこと言われてるような気がするが....)
 「悲しきワルツ」ばかりが有名な「クオレマ(死)」の中の「鶴のいる風景」と「カンツォネッタ」の美しいこと。そして、ストリングスの艶っぽい叙情が魅力の「即興曲」と「ロマンス」の甘美なこと。さらに、お花畑に遊ぶ少女の微笑みのような「美しい組曲」と「田園組曲」と「性格的な組曲」の3曲の可愛らしいこと!
 シベリウス先生のお顔とこれらの可愛い曲を並べるたびに、音楽というものの不思議さを思い知る今日このごろである。(私も同じようなこと言われてるような気がするが....)


 もう一枚は、ショスタコーヴィチ先生の最後の交響曲をなんとピアノ三重奏(パーカッション付き)で演奏してしまったというアイデア勝利のCD。確かにこの十五番のシンフォニーは「室内楽的」な書式で書かれているのだが、それをまさか本当に室内楽でやってしまうとは! 
 一応ショスタコーヴィチ先生の承認も得てのアレンジ(編曲デレヴィアンコ)とのことだが、こういうのを笑って許せる作曲家というのは凄い。「オーケストラでやろうが三重奏でやろうが、あたしの音楽はビクともしません!」という自信がなけりゃ出来ない相談なのだから。
 アレンジ出来るような音楽ネタが全然ない現代曲たちはツメのアカでも煎じて飲むがいいのだ。(私も同じようなこと言われてるような気がするが....)



 しばらく前に輸入盤屋で超マイナーな面白いCDを見つけたと思っていたら、今月の国内盤新譜で早くも登場。それがこれ。
 作曲者のグリッペはスウェーデンの若手作曲家で、このレクイエムは彼自身のシンセサイザーとソプラノ独唱による作品。タンジェリン・ドリームとヴァンゲリスを足してロイド・ウェバーの「レクイエム」の味付けをしたような音楽で、すてきにリリカルな部分と恥ずかしいほどチャチな部分が並ぶ玉石混交ぶりが現代風。
 私は結構気に入ったのだが、「そうでしょうね~。某輸入CD店では〈ヨシマツ系音楽〉と称して売ってましたもん」と言われてからちょっと考え込んでいる。


 もう一枚、「最近、天使が流行ってるんですよね~」という妙な紹介と共に送られてきのが YOKOHAMA ヨコハマ DNA エコス ECOS ES300 サマータイヤ 235/35R19 KYOHO 共豊 SHALLEN シャレン WX monoblock ホイールセット 4本 19インチ 19 X 8 +45 5穴 114.3 、グレゴリオ聖歌や中世の歌を並べてそれにコンピュータ制御のシンセサイザーの隠し味を施した不思議なアルバム。(そう言えば、私の今回のギター曲集にも「夕暮れの天使たち」という天使ものがある)。
 このアルバム、作曲された創作作品というより、中世教会音楽を色々集めてつなぎあわせ、「天使」をコンセプトにして全九章に構成したヒーリング系コンピュレーション・アルバムといった方が正しい。
 しかし、町の教会で行われる宗教劇でも見ているような妙な手作り感覚もあって、ちょっと面白い仕上がりだ。



 などという前振りながら、今回はブラームス先生のCDではなく、一年中避暑地のようなフィンランドで作曲にいそしんでおられた北方系作曲家の鑑シベリウス先生の涼しげなオーケストラ作品の新譜二枚。「ポヒョラの娘」「4つの伝説曲」「トゥオネラの白鳥」「タピオラ」などなど聴いて涼しくなる音楽クーラー(失礼!)の名品である。
 しかし、あの静かな町ヘルシンキがにぎやかすぎると言って郊外に引っ越して7つの交響曲を書いたシベリウス先生、あのさわやかな町ウィーンがうっとうしいからといって毎年避暑地に出かけて4つの交響曲を書いたブラームス先生。やかましくてうっとうしくて蒸し暑い東京で3つめの交響曲を書かなければならない私めは、一体どうすればいいんでしょうか!



 今月気に入った一枚は、モーツァルトの緩徐楽章を集めてニューエイジ・ミュージック風にアレンジしてしまったトリビュート・アルバム。シンセやギターからサックスあるいはマンドリンなどまで繰り出して、クラシック臭のない軽やかなヒーリング・ミュージック風の世界を描く。
ふわふわと漂う、きわめて個人的で思想のない音楽の、それゆえの美しさ。


 もう一枚は、中国の若手作曲家タン・ドゥンが、香港の中国返還を記念して中国政府から委嘱された全3楽章13曲72分におよぶ大作を収めたアルバム。2400年前の編鐘の音、ヨーヨーマの独奏チェロ、児童合唱、香港のストリート・オペラなどが、ハリウッド映画風の聴きやすい音楽の中に堆積してゆく不思議な音楽が楽しめる。
 ただ、「国家の祝典のために政府から委嘱された曲」というシチュエーションには吐き気をもよおす。欧米人が中国風と感じるポイントを外すことなく豪華にまとめている手腕は見事にしても、こんなものは才人タン・ドゥンが乗るような企画ではない。(しかも、児童合唱や「歓喜の歌」まで動員して無垢を装う偽善者ぶりっ子で!)
 国策に乗って戦争賛美の曲を書いてしまった作曲家たちと同じテツは二度と踏まないこと。それが例えその時代の「善」に見えようとも、政治的に利用されるような体制におもねった音楽は決して書かないこと。(なにしろ、戦争もその時代には反論のしようのない「善」だったのだ。現代における「反核」とか「地球に優しい」とかいう反論のしようのない「善」と同じように!)
 それが音楽家たちが20世紀で思い知った鉄則だ。



 ロンドンから帰ってきたらサンプルDATが届いていた今月の一枚は、ギターの福田進一さんによる私のギター作品集。
 とは言ってもマジメな純ギター作品集なんかではなく、コンポーザーよりメロディ・メイカーに徹した「あなたのメロディ」風というか「みんなの歌」風…なアルバム。これならいかな鈍感頭でも絶対「現代曲」とは間違えっこない。間違えられるものなら、間違ってみなさい!
 なにしろ、ジャズ風ありバロック風ありテクノ・ポップ風ありウィンナ・ワルツ風あり文部省唱歌風ありお涙ちょうだい風ありエスノ風あり十二音風あり…の20曲ほどがランダムに並び、これをまた福田進一さんがモダン・ギターと十九世紀ギターを曲のキャラクターに応じて弾き分け、ハーモニカの和谷泰扶(わたに・やすお)さんが時にノスタルジックに時にエロチックに寄り添い、時々ギター・デュオ(相方は松永一文さん)が乱入し、最後にウィンド・チャイムまで背後に聴こえてくるという、オモチャ箱をひっくり返したような仕上がりなのである。
 冒頭から曲順に聴くより、ランダム・モードで聴いたり、好きな曲(絶対お気に入りの曲が出来るはず!)を取り出して繰り返し聴くのがお勧め。子供のころオモチャ箱に手を突っ込んで「今日はどれで遊ぼうかな~」とわくわくした、あの頃の気分をぜひ追体験してくださいませ。


 そして、もう一枚は、ロンドンから帰って以来ず~っとハマっている久々の強力推薦盤。大英帝国のテーマ・ソング「ルール・ブリタニア」に始まってブラス少年なら狂喜のウォルトン「戴冠行進曲」、壮大なコーラス付きのエルガー「威風堂々」、おなじみの海の歌メドレーとでもいうべきヘンリー・ウッド卿の「イギリスの海の歌による幻想曲」と、イギリス音楽のおいしい所がテンコ盛り。
 とにかく全編が派手で壮麗な夏のプロムス風仕立てで、隅田川の花火大会でも見ているような血沸き肉踊る文句なしのエンターテイメント。メロディのセンス、ハーモニーの趣味、サウンドの趣向、すべてが微笑ましくも大英帝国的。う~ん、最高!



 長野オリンピック向けに、世界71カ国の国歌を小澤/新日本フィルが「ちゃんと」フル・オーケストラで録音した2枚組。
「いやあ、世界中はひとつですなあ」と素直に聴くか、「これはオーケストラによる植民地化(古いな!)では?」とひねくれて聴くか、でアナタの性格が分かる。


 こちらは、民族のアイデンティティ(しかし、この言葉、いい訳語はないのかな?)を、同国出身の作曲の作品を並べる…という方法で一枚にしたもの。
 ペルトの名作「フラトレス」やペレーツィスのケッサク協奏曲(アンチ現代音楽マニア必聴!)に混じってドヴァリョーナスとかバルカウスカスなどといった未知の作家の作品が聴けるサンプル盤としては秀逸だが、こうやって「バルト三国の作曲家」とか「日本の現代音楽」などと十羽ひとからげにくくるのは、どうも個人的に好きになれないのだなあ。なんだか飲み屋の珍味五点セットみたいで。これでワタシのひねくれた性格が分かる…か。

クスコ CUSCO LSD type RS Spec-F(2way(1.5&2way)) スバル レヴォーグ VMG L612) FA20用 アクセラ




 などというスッタモンダの中で聴いた今月の一枚は 【店舗取付サービス】【LEXUS LS スキッパー】SKIPPER SKPDEZIGN SLS製 エアロパ-ツ レクサスLS460/460L/600h/600hL(USF/UVF型) リアピ-スマフラ- 出口ストレ-ト 600h、二十世紀を代表する伝説のロック・グループ「ビートルズ」の生き残りの一人ポール・マッカートニーが書き上げた交響詩!。しかも、これがなんと合唱付きオーケストラによる全4楽章一時間十五分という大作!
 「どうしてロック・ミュージシャンが交響詩を?」という疑問は認識不足。ビートルズが「エリノア・リグビー」で弦楽四重奏を使い「サージェント・ペパーズ」でオーケストラからインド音楽までを導入してクラシックとポップスの領域を解体したことの二十世紀音楽への影響は測り知れないのだから。
 その延長線上に七十年代のプログレッシヴ(シンフォニック)ロックが花開き、さらなる延長線上に私を含めた現在のクラシック系作曲家たちが発生している。ビートルズは二十世紀音楽にとってストラヴィンスキーやシェーンベルクよりもはるかに巨大な音楽上の指針なのである。
 と言うことは、今回の新作はいわば「今世紀におけるポップスとクラシックの進路を決定し、それゆえに両領域に絶大なる権威と信者を持つ教祖大先生の久々の画期的新作!」ということになるのだが、…うーん、まあ、作品の出来については語るまい。

 実を言うと、今回のCDでは作品の出来より何より、そもそも楽譜が書けないポール・マッカートニー大先生(この二十世紀最大の作曲家はなんと楽譜が書けないのだ!)がどうやってコーラス付きオーケストラのスコアをデッチあげたのだろ?という方が一番の興味だったりする。
 ビートルズ時代は、プロデューサーのジョージ・マーティンがアレンジを担当し、「ここにブラス入れようよ」とか「バックにストリングスが欲しいね」というメンバーの勝手なアイデアを次々に現実化させていった、というのは有名な話。ポールの前作「リバプール・オラトリオ」でも、作曲家カール・デイヴィスが彼の歌う鼻歌を楽譜に書き留めて、それをスコアにしていったそうだ。
 で、今回の交響詩「スタンディング・ストーン」なのだが、解説を読んでみるとどうやらマッキントッシュの音楽ソフト「キューベース」を使ったのらしい。
 このソフト、マックとMIDIでつながったキイボードやギターを弾くと、その音をその場ですぐに五線譜にキチンと(ただし、ピッピッというクリック音に合わせて弾かないとメチャクチャな楽譜がゾロゾロと出てくるのだが)書き起こしてくれるスグレモノ。
 つまり、ポール先生はキイボードに向かって勝手に興のむくまま弾きちらかし、それをマッキントッシュが次々に楽譜にして吐き出す。するとそれを助手の作曲家たち(と言ってもリチャード・ロドニー・ベネット、デヴィッド・マシューズ、ジョン・ハールという凄いメンツ!)が解読し修正しつつフル・スコアに編曲してゆく、というそんな段取りだったらしいのだ。

 私もマッキントッシュを愛用しているのでご同類。「クラシックの作曲に何でコンピュータがいるんですか?」と言う人もいまだにいるが、「ピアノ」というのがそもそも「オーケストラを疑似体験できるキイボード型卓上シミュレイション・マシン」なのだから、コンピュータの原形そのもの。かつては作曲家が作曲にピアノを使い、現代ではコンピュータを使う MAZDA レーザー H6.6~H10.11 BH系 H4 Hi/Lo JAFIRST X3シリーズ 一体型ファンレスLEDヘッドライト 2年保証 Philips Lumleds最強zesチップ使用 高輝度6000Lm 色温度3000K/6500K/8000K再設定可能 車検適合 長期保証 2灯入り、というのは当然すぎるほど当然の帰結なのである。
 と言うわけで、これからはポール大先生を見習って「楽譜が書けないのに交響曲を書く作曲家」というのが続々出没するようになるのかも知れない。なにしろピアノも持ってないのにピアノ・コンチェルトを書く作曲家もいるのだから…。



 と、そんな今月紹介するのは、盲目のテナー歌手ボチェッリのポップス系の作りの一枚。昨今評判のスラヴァや米良美一の様なヒーリング系ではなく朗々たるオペラ系の声なのだが、その奥に聞こえる不思議な切なさがなぜか胸をキュンとさせる。
 ヨーロッパでは既に数百万枚を売っている大ヒット・シンガーなのだそうだが、ちょっとハスキーな語り風の声からカンツォーネやオペラ風の朗々たる声までを自在に操って、ロック歌手にも一歩も引けを取らない。まさにゴールデン・ヴォイス。


 そのボチェッリが一曲だけ登場するクラシックの新譜が、今年夏の「世界青年の日」に行われたコンサートを録音したこの一枚。ヴィヴァルディやモーツァルトからフォーレ、メシアンに至る声楽の作品をミサ仕立てで並べて構成した企画もので、最後にローマ法王の挨拶まである。これがなかなか美しい。
 ただちょっと不思議なのは、ボチェッリとバルトリの名前のところに〈トラック17〉を歌っているとクレジットしてあるのに カワサキ純正 チューブ ライトフォーク アウター 44006-0016 HD店、その肝心の二人のデュオが聴けるはずの〈トラック17〉が存在しないこと。
どうした、

クスコ CUSCO LSD type RS Spec-F(2way(1.5&2way)) スバル レヴォーグ VMG FA20用

、グラモフォン?


{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-92240