>  > M'z SPEED アルパイン製9インチナビ取付フェイスパネルキット ピアノブラック ランドクルーザープラド GDJ150W TRJ150W 17/9~ ※北海道は送料2160円、沖縄・離島は要確認

« 白百合の花 | Main | チェコスロヴァキアの歴史 2 »

June 26, 2011

SPEED 17/9~ ピアノブラック 17/9~ ランドクルーザープラド TRJ150W アルパイン製9インチナビ取付フェイスパネルキット GDJ150W ※北海道は送料2160円、沖縄・離島は要確認 M'z ピアノブラック

■はじめに ~中欧国家チェコ,スロヴァキアの民族・風土~ 
 【チェコ】
  ・チェコの中央には, エルツ山脈(西側)・ズデーテン山脈(北側)・ベーマヴァルト
  (ベーメンの森, 南側)に囲まれたベーメン盆地(ボヘミア盆地)が広がり, プラハを
   中心とするベーメン地方, 東部のモラヴィア地方, 北部のシロンスク地方に分けられ
   る CMRステアリングボス(ユニバーサルハブキット)スバル インプレッサ STI GC/GF 11/9~12/7 シングルSRS用。国土中央のベーメン盆地から北に向けてエルベ川が流れる。
  ・人口1027万人(2000年現在)。首都プラハ(人口120万人)は北緯50度06分。
 【スロヴァキア】
  ・カルパティア山脈の西端にあり, 国土の80%が海抜750m以上。山間を流れるヴァ
   ー川をはじめとする支流は南側を走るドナウ川に注ぐ。アムバー(琥珀)街道やベ
   ーメン街道などの古くからの要衝地。南部にザホールスカ平野, ボデュナイスカ平
   野, ヴォイホドスロヴェンスカ平野がある。
  ・人口540万人(2000年現在)。首都ブラティスラバ(人口45万人)は48度09分。

  *チェコの東側がスロヴァキア, 西にドイツ, 北にポーランド, 南にオーストリア。
  *スロヴァキアの東にウクライナ, 南にハンガリー 【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス SSY ミラ L502S C♯系・T♯系・寒冷地仕様 H6.8~H10.10 フロント 商品番号:EP258。
1.古代社会の成立
 (1)原始共同社会の時代
・ネアンデルタール人(旧人Homo primogenus):洪積世末期(約20万年前)
  ①ポプラット市(スロヴァキア)で頭蓋骨発見
   *名称は, ポリーニーのネアンデル谷で発見されたことに因む ディクセル Specom-α ブレーキパッド リア ホンダ ラファーガ。
 *同時代の人骨はモラヴィア地方(オホス, シプカ, クールナ), スロヴァキア(シャラ)で
     も発見。
②狩猟・採集の獲得経済
  ③埋葬の風習。道具・身体への彩色。

。毛皮の衣服。炉のある住居。
・ホモ・サピエンス(新人Homo sapiens sapiens):洪積世最末期(約4~3万年前)
①モラヴィアは中欧発展の中心地
   ②狩猟・採集の獲得経済 旧石器時代(打製石器・骨角器)→中石器時代(石刃石器・細石器)
③種族的連帯。母権制社会 。
   ④マンモス狩猟者たちの文化・・・彫像「ヴィエストニツェのヴィーナス」
・新石器時代(4500~2500B.C.)
①農耕・牧畜の生産経済(食糧生産革命=新石器革命) 農耕:小麦・大麦・粟・豆類(ひら豆・ソラマメ・イン ゲ ン豆) 石製鍬・木製犂 『ekワゴン』 純正 H82W 本革調シートカバー(ブラック) パーツ 三菱純正部品 座席カバー 汚れ シート保護 オプション アクセサリー 用品。石臼で製粉。植物繊維で織布。
牧畜:羊・山羊・牛・豚→余剰生産物
②土器の製造・・・最古の農耕民「渦巻き紋様土器人」
             新石器時代末期には縄文土器・釣鐘杯土器
③製品の交換:黒曜石(東スロヴァキア産)・琥珀製品(バルト海産)・金属製品 馬→四輪馬車の出現
  ④氏族社会:家系の萌芽。共同生活。
          大きな家屋(長さ20~30m, 時には40m):木の丸太, 枝, 土で造る。
⑤多神教。埋葬の風習(伸展葬, 時には屈葬。新石器時代末期には火葬) ヒッポスリーク レガシィ BE5 B4 リアスポイラー A-D型(トランク上)。
・金属器時代1(銅器時代→青銅器時代)
①クルシュネー・ホリ(中欧最大の錫鉱脈)
     ウーニェティツカー文化(プラハ近郊)・マジャロフスカー文化(スロヴァキア)
  ②青銅製の道具・武器・装飾品の生産→労働の分業化
③氏族社会内部に家族発生(家父長制大家族)→私有財産の発生→貧富の差拡大
     (階級制度の発生)
④モヒラ人の侵入(2000B.C.年代中葉)→ウーニェティツェ人・マジャロフツェ人支配
                           *モヒラは「古墳」の意味
⑤骨壺の野原人(2000B.C.年代末期):ルジツェ文化。
      *名称は, 火葬後, その灰を骨壺に納めて聖なる野原に安置したことに由来。
・金属器時代2(鉄器時代, 前7世紀~):スキタイ族やアルプス地方から伝播
①ハルシュタット期(~前4世紀, 鉄器時代前半)
      *ハルシュタット遺跡(高地オーストリア集落)
・チェコスロヴァキアは鉄鉱石の地表鉱床が豊か→鍛鉄(武器・斧・刃物) 鋳鉄(犂・鍬)
 ・部族の成立
      モヒラ人と土着民の融合→ビラニ文化(ビラニ・ウ・チェスケーホ・ブロドゥ遺跡)
②ラテーヌ期(400B.C.~鉄器時代後期, ラテーヌ文化):ケルト人の台頭
      *ラテーヌ遺跡(スイス)
     ・チェコ:ボイイ人(ケルト人の一部族, ボユー部族)→ラテン語のボヨヘムムBojohemum, ボヘミアBohemiaの語源
     ・スロヴァキア:コティヌー部族
     ・鉱山技術・製鉄技術の進歩。金の精錬。
      オッピドゥムoppidumでの交易(町・城砦都市に発展)
     ・原始奴隷制:不自由人・奴隷
 (2)奴隷制の時代
・ゲルマン民族やローマ人との遭遇(紀元前後の交替期~)
①ゲルマン民族:マルコマンニ族Marcomannni(族長マロブド), クアディ族
②ローマ帝国(27B.C.~1453):Pax Romana(27B.C.~180A.D.)
     ・ドナウ川流域に進出→ローマ都市の建設:ウィンドボナ(ウィーン)
・マルクス=アウレリウス帝Marcus Aurelius Antoninus Pius(五賢帝時代(96~
      180)の最後の皇帝, 在位161~180A.D.), マルコマンニ族(168~175年マ
      ルコマン戦争)やクアディ族と戦闘
・170年以降, マルコマンニ族・クアディ族・サルマタエ族等がローマに降伏
・マルクス=アウレリウス帝, ウィンドボナで病没(180)→ローマ帝国動揺
・軍人皇帝時代(235~284)
③遊牧民フン族の西進(東ゴート族支配)→ゲルマン民族大移動(375~)
ローマ帝国が東西分裂(395)
・アッティラ帝国:アッティラ王, 西ローマ帝国に侵入
       451年カタラウヌムの戦い(アッティラ帝国敗北)
452年イタリア侵入→ローマ司教レオ1世の説得で断念
・スラヴ民族Slavsの登場(5世紀頃)
①揺籃の地:カルパチア山脈の北方。オドラ川とドニエプル川に挟まれた広大な空間。
②農耕・牧畜・手工業(金工・木材加工・骨細工):発達度は低い。

M'z SPEED アルパイン製9インチナビ取付フェイスパネルキット ピアノブラック ランドクルーザープラド GDJ150W TRJ150W 17/9~ ※北海道は送料2160円、沖縄・離島は要確認


家父長制大家族:父権的奴隷制(農業や手工業のみに奴隷を使用)
③アヴァール人・マジャール人・ブルガール人・モンゴル人・トルコ人を介してステップ遊牧民と接触
④スラヴ民族の移動(6世紀)
     エルベ以東→西スラヴ族(ポーランド人・チェック人・スロヴァキア人)
*6世紀前半, チェコ人・スロヴァキア人の共通の祖先が定住
     バルカン半島→南スラヴ族(セルビア人・クロアティア人・スロヴェニア人)
東スラヴ族(ロシア人・ウクライナ人)