>  > MANARAY SPORT/EuroStream BV25 アルミホイール 1本 ekスポーツ H82W 【13×4.0B 4-100 INSET43 ブロンザイトレイヤード】

SPORT/EuroStream アルミホイール 4-100 ブロンザイトレイヤード】 MANARAY 1本 【13×4.0B INSET43 BV25 ekスポーツ 4-100 【13×4.0B H82W

2010年08月04日

雑誌『世界軍事』の総編集長による『人民日報(海外版)』の7月28日付の記事をば。

MANARAY SPORT/EuroStream BV25 アルミホイール 1本 ekスポーツ H82W 【13×4.0B バーコ 4-100 MCR30W INSET43 ブロンザイトレイヤード】

7月23日、ベトナムで行われた地域安全保障フォーラムの席上、米国国務長官ヒラリー・クリントンは、事前に準備した原稿では、南シナ海論争を大いに話し合い解決することが地域の安定にとって”極めて重要”で、この論争は海上貿易の発展を妨げ YOKOHAMA スタッドレス ice GUARD6 IG60 205/60R16 & J-TECH S-6 BR 16×6.5J 114.3/5H + 48 SX4 YB11S、この地区への国際水域への進入を妨げ、論争の解決は”米国の国家利益におよび”、あわせて”米国は主権要求を行っている各国が協力と協議を進展させることを支持する。我々はいかなる国家も武力を用いたり、威嚇に用いたりすることに反対する。”とあった。

一見、ヒラリーの言論は、困っているのを見ぬふりせず助けにきたと見える。しかし、

MANARAY SPORT/EuroStream BV25 アルミホイール 1本 ekスポーツ H82W 【13×4.0B 4-100 INSET43 ブロンザイトレイヤード】,[#tong##]

■品番-■ブランドMANARAY SPORT/EuroStream BV25■メーカーMARUKA/マルカ■商品名アルミホイール■自動車メーカーMITSUBISHI/ミツビシ■車種ekスポーツ■型式H82W■年式2006/9~2013/6■適合備考■カラーブロンザイトレイヤード■本数1本■基本タイヤサイズ155/65■ホイールサイズ/リム径(inch)13■リム幅(inch)4.0■フランジ形状B■ボルト穴数4■P.C.D(mm)100■インセット(mm)43■ハブ高(mm)33■ハブ径φ67■DISC凸(mm)13.0■付属品センターキャップ/バルブ■備考鋳造ワンピースモデルJWL・JWL-T(12×4.00B/13×4.00B)・VIA適合品■注意事項リムよりディスクが突出しておりますので、装着の際はご注意ください■納期メーカー取り寄せ品の為、通常2~4営業日以内に発送致します。■決済方法について※こちらの商品はメーカー直送品の為、代金引換がご利用頂けません。代金引換でご注文頂いた場合は、お客様にご確認の上、他決済方法への変更依頼、又はご注文のキャンセル処理を行わせて頂きます。※ ご注文前に必ずご確認下さいお急ぎの場合はご購入前に納期確認をお願い致します。納期について*メーカー在庫が欠品の場合、1~2ヶ月以上のお時間を頂く場合がございます。*メーカーにて予告無く廃盤、仕様変更になっている場合があります。返品・キャンセルに関して*お客様都合による返品・キャンセル・商品の変更は一切お受けしておりません。*在庫・納期・適合未確認でご購入された商品のキャンセルは一切お受けしておりません。メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています。

、仔細に眺めると、別の見方が出てくる。

米国はどうして突然、南シナ海問題にこのように興味を示してきたのだろうか?論争によって航行の自由が妨げられ、地域の安定に影響を及ぼしているというヒラリーの理由は一見堂々としている。しかし実際は、南シナ海問題は昔からのもので、過去数十年の間、この地域の国際水域における平和的航行が過度に重大な影響を受けたということは聞いたことがなく、今日に至るまで、米国以外で貿易海運が阻害されていると述べた国家もない。見識のある人間が見ると、ここ数年、この地域の国の経済の急速に発展しており、海上貿易は日増しに向上している。地域の安定に関しては、中国とアセアン、その他の国家と二国間会談の中で、現在のところ地域の安定が脅かされる事態とは全くなっていないと述べている。

論争を解決する方法において、ヒラリーの”処方箋”は ACRE ブレーキパッド ■アクレ フォーミュラ700C フロント 【品番:404】 日産 フーガ Y51 09.11~、米国が参加し主導する下、多国間協議を行い、論争解決の国際的構造を設立するというものだ。はっきりと述べれば、問題に直接関係のある国家は自ら問題を解決する力がなく、問題を解決したいなら、更に多くの国家の参加と助けが必要であり、米国の裁きが必要であるということである。ヒラリーが忘れている事は KYB/カヤバ 補修用ショック 1本 ワゴンR MH21S フロント R 純正品番:41601-58J91、中国とアセアンは『南シナ海各方面行動宣言』を既に発表し、合同作業会議での協議も既に行われているということだ。これらの行動は実際に国家間の相互信頼が増大しつつあるということであり、最終的に論争を解決するために有利な条件と良好何雰囲気を生み出しつつあるのだ。中国にとって、歴史的要素による隣国との領土論争は、南シナ海が唯一の例というわけではなく、これまでの日々の中で、中国は隣国との二国間交渉を通じて効果的に多くの領土論争を解決してきた。これらの論争解決の過程の中で、武力による威嚇を用いたこともなく、微塵も無理に押し付けるような行為も用いず、この種の問題を解決する模範となるものであるとも言える。国際社会が実証し証明していることは、この種の論争の最善の解決の道は論争の当事国同士による直接の二国間交渉であり、他国化、国際化は、かえって事を更に複雑化し、解決の難度が更に大きくなる。今日のアジアは、植民地主義時代の時代ではもはやなく、アジアの国家は国際事務を自らの手で解決する能力を完全に持ち合わせており、他人の裁きや指図は必要ないのだ。

米国が南シナ海論争に関心を示した理由を述べていない以上、持ち出した処方箋もはっきりしておらず、ヒラリーのひょうたんからどんな薬が出てくるのか?と問わずにはいられない。実は、ヒラリーの講話の中で既に妙理を吐露していて、それは論争の解決が米国の”国家利益”に及ぶと言うのだ。昨今の国際事務の中で、米国の”国家利益”は常に問題に触れていて、”国家利益”とだけ言っていればよく、米国はいかなる問題にも干渉する権利があり、問題が発生している地域が米国からどれだけ離れていいいようが、関係諸国が米国の参与を歓迎していまいが、米国は足を踏み入れるのだ。南シナ海問題において、米国の国家利益とは一体何なのだろうか?単純な航行の自由あるいは商業協力というだけなのだろうか?ヒラリー講話の中に真実が含まれていることを人々は簡単に見抜くことができる。つまり、南シナ海問題の国際化、多国間化させることを通じて、本来澄み渡っている南シナ海を掻き回し濁らせ、濁ったら米国は大義名分を以ってその中に介入し、魚を掻っ攫い、更に大きな”国家利益”を得ようとしているということだ。次はどのような手で来るのか、米国の新たな動きに皆期待している。

新華網「陳虎:美國為什麼突然對南海興趣溢然?(人民日報海外版)

「武力による威嚇は行ったことがない」・・相変わらず凄いね。軍部が暴走しただけだと言いたいのでしょうか。

ベトナムのハノイで開催されていたアセアン地域フォーラムの席上で米国務長官ヒラリーが予定外の中国の南シナ海での行動を非難する演説を行い楊潔チが顔を真っ赤にして反論したという出来事を受けての記事です。見事にアメリカに掻き回されております。

下記が、ハノイでの出来事から2日遅れて外交部のサイトが掲載した楊潔チの反論です。

上記記事にもあるとおり、中共は南シナ海問題の国際化、アメリカの介入を非常に嫌っております。

そしてもうひとつ、上記外交部の記事の最後が、具体的にどことは言えないが、楊潔チの反論に「アジア人の気概を示した」などと10数名の某国代表が賛辞を送ったとして記事を〆ていて、今回紹介した『人民日報(海外版)』の記事にも同様の表現があり、「アジアの盟主」、「東南アジアは俺の庭」といった意識が見て取れます。

外交部が強硬に出ているように見えなくもないのですが 2018年製 ブリヂストン ネクストリー 225/60R17 99HH 国内正規流通品 低燃費エコタイヤ【法人宛て送料無料】サマータイヤ BRIDGESTONE NEXTRY 225-60-17 225/60-17、より強硬な姿勢を隠そうともしなくなってきている軍の動きが気になっていたりします。

【北京時事】18日付中国紙・広州日報によると、中国軍系の学術団体・軍事科学学会の副秘書長、羅援少将はこのほど、韓国哨戒艦沈没事件を受けて計画されている米韓合同軍事演習などを挙げ、「中国への敵意を含む行動には対抗措置が必要だ」との見解を示した。

羅少将は、共産党機関紙・人民日報のウェブサイト「人民網」のユーザーとの交流で発言。軍幹部を務めた父を持ち、軍内部で影響力を持つとされる同少将の発言は、米韓演習をけん制する動きを強める中国軍部の声を「代弁」している可能性もある。

羅少将はまた、他国と領有権を争う南シナ海の島嶼(とうしょ)について、観測や通信の軍事施設を設けるなどして中国の主権を明確に示すべきだとも提案。南シナ海の権益保護をめぐる中国軍の活動活発化を警戒する米軍を意識した主張とみられる。(2010/07/18-22:57)

時事ドットコム「米韓演習に対抗措置を=南シナ海、主権明示も提言-中国軍将官

この記事では触れられていませんが、新華網が転載していたインタビュー記事では、楊潔チら外交部が南シナ海問題は当事者間で既に話し合いの場と基礎とが存在している根拠としている「南シナ海共同宣言」は既に破綻しており、現在のような主権問題を棚上げにしつつ共同開発という姿勢ではダメだとはっきりと述べていたりします。

このような雰囲気がある中でのハノイでのヒラリーの発言であり、それに対して楊潔チが顔を真っ赤にして反論したというわけです。

「顔を真っ赤にして」と言えば 、今年5月の日中外相会談で岡田さんが「核減らせ」って言ったことに対して楊潔チが激昂したなんて報じられていました。台本通りとも思ったのですが、唐家センや李肇星、または孔泉、秦剛あたりならいざ知らず、楊潔チの激昂は少々無理している痛々しさを感じなくもないです。軍の突出に余裕がないのですかね。

対外協調路線を前面に出すことで国際社会に対してソフトイメージで売り出していた楊潔チ。国内強硬派は、それを弱腰として突き上げている・・・なーんてことかも知れません。

「連盟よさらば! 遂に協力の方途尽く。総会、勧告書を採択し、我が代表堂々退場す」

そういえば台湾はどうしているのでしょうか。

関連記事
2008年2月5日「陳水扁の南シナ海訪問で中国の反発は必至?!
2009年2月19日「フィリピンVS中国@南沙諸島
2009年4月6日「広東省 205/65R15 99T MICHELIN ミシュラン X-ICE XI3 エックスアイス XI-3 G.speed G-03 Gスピード G-03 スタッドレスタイヤホイール4本セット、漁船2隻を派遣し領有宣言を計画す
2009年6月9日「南シナ海における米軍との衝突


←宜しければランキングに1票をお願いします。

posted by タソガレ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東シナ海・尖閣諸島 | |

この記事へのTrackBack URL 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

{yahoojp} {ihasa.seesaa.net}
{yahoojp}ttrem04-zenjp3940-wl-zd-10774