>  > ワイドトレッドスペーサー【15mm】パジェロイオ/三菱/PCD 5H-114.3■キックス Kics W.T.S. ハブユニットシステム【2枚1SET】ワイトレ ツライチ 15ミリ/1.5cm/1.5センチ

ワイドトレッドスペーサー【15mm】パジェロイオ/三菱/PCD 5H-114.3■キックス Kics W.T.S. ハブユニットシステム【2枚1SET】ワイトレ ツライチ 15ミリ/1.5cm/1.5センチ

ディクセル EXTRA Speed ブレーキパッド リア フォルクスワーゲン ゴルフV


CPUの種類と特徴

 現在(2001年12月 2007年1月)販売しているPCのCPUには、インテル社のCeleronD、Pentium4、D、Core2Duoや、AMD社のAthron64、64×2などがあり、動作周波数も1.6GHz~3GHz程度と幅がある。動作周波数が高いCPUを載せたPCは性能が良いだろうと想像できるがそれなりに値段も高い。
 ここでは簡単にその性能・特徴について述べる。

 インターネットを通し、映像・音楽などのマルチメディアが普及してきている。ちょっと前まで映像を見るにはマルチメディア情報が膨大な処理を必要とするため映像再生専用のハードウェアが必要だったが、最近はCPU自体にそのマルチメディア情報を高速処理できるような設計が施されてきている。この高速処理を利用するには映像・3D画像などのソフトウェアがこの高速処理用の命令や、マルチスレッド処理(デュアルコア)をサポートしている必要がある。
・IntelのSSE ★送料無料★(一部離島等除く) 【エスペリア】DAIHATSU アトレー7 ATRAI 7 S221G S231G スーパーダウンサス S231G K3-VE H12/9~17/1 4WD リア、SSE2 FABULOUS ACR30W/40W エスティマ DRIVING LAMP(クリア/ファブレス オリジナルロゴ入り)、SSE3や、AMDのSSE互換 【送料無料】 185/65R14 14インチ BIGWAY ビッグウエイ B-WIN ヴェノーザ10 5.5J 5.50-14 DELINTE デリンテ DH2(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、3DNow!Pro、エンハンスド3DNow!、3DNow!等

 CPUは基本的に動作周波数に比例して処理性能が良くなる。1.6GHzのCPUと3.2GHzのCPUで同じ計算をさせた場合、仮に1.6GHzのCPUが1分かかるとすれば、理論的には3.2GHzの方は30秒と1/2の処理時間で済む。また 【プロジェクトミュー】NS-C(エヌエス・シー) スバル アウトバック OUTBACK用 BR9系 リヤブレーキパッド 品番:R914、使用するソフトウェアがマルチスレッド処理をサポートしている場合、1つのCPU(シングルコア)よりデュアルコアの方が適切に物理CPUに処理を分担してくれるため、処理時間が短くなる。

 CPUは主記憶メモリへのアクセスを減らすため1次キャッシュ(L1)、2次キャッシュ(L2)を搭載しているが、この合計容量が大きい程処理速度が早くなる傾向にある。
・Pentium4はCeleronの2倍以上の容量

 ここで、動作周波数が同一とした場合に各社CPUをデータブックや市場評価などを元に、性能の高い順に並べると次のようになる。最新のCPU程設計に工夫がされており高速な処理が期待できる。
  インテル社 Cpre2Duo、CoreDuo 【CX SUPERIOR】ダッシュマット for CXスーペリア ホンダ N-ONEなどにお勧め! JG1/2系、PentiumD、Pentium4、CeleronD
  AMD社  Athron64×2、Athron64、Turion64×2、Sempron

●PCの使用目的(ソフトウェア)に適したCPU

(1)映像・3D画像(ゲーム含む)・音楽は、膨大な情報を高速に処理するCPUが適している。
 → Core2Duo、PentiumD、Pentium4、Athron64×2、Athron64
(2)2D画像・ホームページは、映像ほど膨大な情報ではないが2D画像の編集を多用する場合ちょっと高速に処理するCPUが適している。
 → Pentium4I~CeleronD、Athron64~Sempron
(3)文書・表計算は、高速な処理を必要としないためCPUを選ばない。
 → CeleronD、Sempron
(4)メール・チャットは、高速な処理を必要としないためCPUを選ばない。
 → CeleronD、

ワイドトレッドスペーサー【15mm】パジェロイオ/三菱/PCD 5H-114.3■キックス Kics W.T.S. ハブユニットシステム【2枚1SET】ワイトレ ツライチ 15ミリ/1.5cm/1.5センチ
[ENDLESS] エンドレス ブレーキパッド W-003 リア用 スカイライン ER34 H10/5~H13/6 2.5L NA 2WD スーパーハイキャス付 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別)!【プロジェクトミュー】TYPE HC-CS(タイプエイチシー・シーエス) マツダ MS-9用 HD5S系 リヤブレーキパッド 品番:R437.CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) 20インチ 9.5J PCD:114.3 穴数:5 inset:30 DISK TYPE:SUPER LOW カラー:ブラックサイドマシニング [ホイール1本単位]/H,NANKANG TIRE ナンカン NS-2 サマータイヤ 225/30R20 RAYS GRAM LIGHTS 57FXX 20 X 8.5 +38 5穴 114.3

ワイドトレッドスペーサー【15mm】パジェロイオ/三菱/PCD 5H-114.3■キックス Kics W.T.S. ハブユニットシステム【2枚1SET】ワイトレ ツライチ 15ミリ/1.5cm/1.5センチ

、Sempron

(参考)

●INTEL(インテル)CPUの歴史


Core2Duo
・32bit CPU (Bus=64bit)
・64bit コード対応(EM64T)
・1チップに2つの物理CPU(デュアルコア)を搭載
・CoreDuoの省電力化技術を継承
・同時実行命令数の強化(最大5命令同時実行)
・VT(仮想マシン高速化技術)を搭載
・キャッシュメモリの改良(デュアルコアで共有)
・一部ラインナップで1チップに4つの物理CPU(クアッドコア)を搭載(Core2Exreme QX)

CoreSolo、CoreDuo
・32bit CPU (Bus=64bit)
・ノート用に省電力化
・CoreDuoは1チップに2つの物理CPU(デュアルコア)を搭載
・一部ラインナップにVT(仮想マシン高速化技術)を搭載

PentiumD
・32bit CPU (Bus=64bit)
・64bit コード対応(EM64T)
・1チップに2つの物理CPU(デュアルコア)を搭載
・一部ラインナップにVT(仮想マシン高速化技術)を搭載

CeleronD
・32bit CPU (Bus=64bit)
・一部ラインナップで64bit コード対応(EM64T)
・L2キャッシュを128kB程度にしたPentium4の廉価版

Itanium
・64bit CPU
・メモリ空間も64bitで正真正銘の64bitCPU?、詳細未調査

Pentium4
・32bit CPU (Bus=64bit)
・マルチメディア演算機能の高速化(SSE→SSE2命令)
・一部ラインナップにHT(Hyper-Threading:擬似デュアルコア)を搭載

PentiumIII
・32bit CPU (Bus=64bit)
・マルチメディア演算機能の高速化(MMX→SSE命令)
・CPU固有認識コード付加
・CPUソケット形状の違いからSlot1タイプとL2キャッシュを再び内蔵したFC-PGAタイプがある。
・CPUコア(回路設計)の違いから、古い順に Katmai、Coppermine、Tualatin がある。

Xeon
・32bit CPU (Bus=64bit)
・Pentium II, III以降のCPUをサーバー用にカスタマイズ。PentiumII Xeon, Pentium III Xeon, Xeon(Pentium4,D,Core2Duo)
(L2キャッシュ大容量化、実メモリ空間拡張?)

Celeron
・32bit CPU (Bus=64bit)
・Pentium II, Pentium IIIの安価版CPU。基本動作周波数が低く(133→100MHzまたは100→66MHz)、内蔵L2キャッシュの容量が少ない(512,256kB→128kBまたは無し)。MMX対応 、SSE対応のものなど種類は多い。
・最近のCeleron(533Aと600MHz以上)は、Pentium IIIと比較し基本動作周波数が低く内蔵L2キャッシュの容量が少ないだけ。

PentiumII
・32bit CPU (Bus=64bit)
・内蔵L2キャッシュをチップ外(当時内蔵キャッシュ製造は成功率が低かった)に。CPU本体とL2キャッシュを基板に搭載したもの(Slot1タイプ)をCPUとして扱う。
・マルチメディア演算機能の搭載(MMX)

Pentium-Pro
・32bit CPU (Bus=64bit)
・L2キャッシュ(256~512kB)をチップへ内蔵。
・サーバー用CPUとして流通。

Pentium
・32bit CPU (Bus=64bit)
・データ・バスを64ビットに拡張
・数値演算プロセッサをCPU内に統合
・同時2命令処理の搭載。
・SMPのサポート
・Pentium-Pro後に画像・音楽データを高速処理するマルチメディア演算プロセッサを搭載したMMX-Pentiumもラインナップされる。

80486 (i486)
・32bit CPU
・80386の高速版
・一部の命令をハードウェアで命令処理(マイクロコードではない)
・ODP機能のサポート?

80386 (i386)
・32bit CPU
・プロテクトモードのサポート
・仮想メモリ空間のサポート(仮想メモリ空間4GB?)

80286
・16bit CPU
・8086からメモリ空間を16MBに拡張。

80186
・16bit CPU
・工業用CPUとして機能特化?

8086
・16bit CPU
・乗除計算(×,÷)機能が追加、豊富なメモリ・I/Oポートアクセス方法、メモリ空間は1MB、PC用CPUとして広く普及する。
・オプションで数値演算プロセッサ(8087, Co-Processor)を容易に接続できる。

8080
・8bit CPU
・8ビットの論理計算(AND,OR等)、加減計算(+,-)、メモリ・I/Oポートアクセス機能を持つ。メモリ空間は64kB。
・16進キーボードと7セグメントLEDを搭載したワンボードコンピュータのCPUで多用され、CRT採用PCのCPUとして使用され始める。
・改良版?として8080Aがある?
・他社製8080互換CPUとしてZ80(Zilog社,現AMD?)がある。

4004
・4bit CPU
・世界初の汎用4ビットCPU?

●AMD(エーエムディ)CPUの歴史(最近)


Athron64×2 Socket AM2
・32bit CPU
・64bit コード対応
・1チップに2つの物理CPU(デュアルコア)を搭載
・一部ラインナップにVT(仮想マシン高速化技術)を搭載
・DDR2メモリインターフェースの採用

Turion64×2
・32bit CPU
・64bit コード対応
・1チップに2つの物理CPU(デュアルコア)を搭載
・DDR2メモリインターフェースの採用
・ノート用に省電力化

Athron64×2
・32bit CPU
・64bit コード対応
・1チップに2つの物理CPU(デュアルコア)を搭載

Athron64
・32bit CPU
・64bit コード対応

Sempron
・32bit CPU
・Athron64の廉価版?
・一部ラインナップで64bit コード対応

Opteron

ワイドトレッドスペーサー【15mm】パジェロイオ/三菱/PCD 5H-114.3■キックス Kics W.T.S. ハセプロ ハブユニットシステム【2枚1SET】ワイトレ ツライチ 15ミリ/1.5cm/1.5センチ エアロパーツ


・64bit CPU?、詳細未調査

Athron XP
・32bit CPU
・マルチメディア演算機能の高速化(3DNow!Professional, SSE互換)

Athron MP
・32bit CPU
・AthronのSMPサポート版

Athron
・32bit CPU
・マルチメディア演算機能の高速化(エンハンスド3DNow!)
・CPUソケット形状の違いからSlotAタイプとSocketAタイプがある。
・CPUコア(回路設計)の違いで2種類のCPUがある?

Duron
・32bit CPU
・Athron(SocketA)の安価版。Athronと比較し基本動作周波数が低く(266→200MHz)、内蔵L2キャッシュの容量が少ない。

K6、K6-2、K6-III
・32bit CPU
・マルチメディア演算機能の搭載および高速化(3DNow、

ワイドトレッドスペーサー【15mm】パジェロイオ/三菱/PCD 5H-114.3■キックス Kics W.T.S. ハブユニットシステム【2枚1SET】ワイトレ ツライチ 15ミリ/1.5cm/1.5センチ

、エンハンスド3DNow)。
・Socket7用としては最高速CPU。

K5
・?

5x86
・16bit CPU
・40486上位互換。
・数値演算プロセッサ搭載。


HKS エッチ・ケー・エス SUPER FIRE RACING M45iL 4本セット RC200t ASC10 8AR-FTS 15/9~17/10 ロングリーチタイプ NGK9番相当 プラグ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-95777